みやざき援農ってなぁに?

ホーム > みやざき援農ってなぁに?

 宮崎の農業現場においては、人口減少、少子高齢化の進行に伴い、農業の担い手の確保が課題となっている中で、宮崎の農業の生産力を維持・拡大していくためには、農業法人や認定農業者等の大規模経営体が雇用人材を安定確保しながら、生産基盤の拡大を図っていくことが重要です。
 このため、県や関係機関・団体等で組織する「農の雇用・労力支援推進協議会」を設置し、産地における周年を通じた雇用調整を行う「援農隊」を育成するとともに、派遣型の就農研修として「お試し就農」に取り組み、地域農業における雇用人材等について総合的に検討しています。

「援農隊」とは?

 農業法人や認定農業者等の大規模経営体における生産基盤の拡大を図るため、秋冬のハウス園芸、春夏の露地園芸の定植・収穫作業など、一時的に集中する労働力をサポートする組織です。
「援農隊」を詳しく読む>>

「お試し就農」とは?

 新規就農者の確保と定着化を目的に、宮崎県内の農業法人等において、派遣型の就農研修を実施し、就農希望者と農業法人等のマッチングを行い、正式雇用に結びつける取組です。
「お試し就農」を詳しく読む>>

PAGE TOP